投資募集案内:第1号

toushi01toushi02
投資の仕組み

  1. 出資者の皆様は、投資家として株式会社「海洋平和」(海洋/ボートファンド)に投資し、アクアムンド株式会社の創業と営業に対して協力します。(役員会の決定によって、その他の妥当と思われる事業計画書に基づいた海洋趣味産業に投資することもあります。この場合も配当などに関しては、上記と同じです。)
  2. アクアムンド株式会社は、当該出資金を利用してプレジャーボート製造販売を計画に則って行い、 そこから得られる利益を投資者の皆様に配当する予定です。

投資のリスク・留意事項

  1. 本証券化商品は証券取引法における有価証券に該当しますが、投資会社「海洋平和」との合意なくして他に販売出来ません。
  2. 本投資家は、投資契約または法律に認められる場合を除き本契約を解除することはできません。 株の償還については、別紙説明書を参考にしてください。
  3. 配当に対する税金は被配当者本人が支払うものとします。

投資される方のための重要事項

  1. 「投資対象会社・プロジェクト」:(株)海洋平和の設立目的 は人類の恒久平和を達成する為、内外の投資を募り、 これを「海洋趣味産業プロジェクト」に投資していくところにあります。当面の投資の対象とする会社は、南米、パラグアイ国、 アスンシオン市に設立されている「Acua-mundo S.A.」によるプレジャーボート製造販売及びそれに伴う関連事業です。 その事業計画は別に用意してあります。御参照ください。
  2. 「投資に対する配当時期」: 投資に対する配当は、事業を開始してから、それぞれの会計年の終りの日(3月31日) の次の日から90日以内に行われます。
  3. 「配当の算出」: Acua-mundo S.A.からの配当はその年のAcua-mundo S.A.の利益(純益)の20%をこれに当てる予定であります。 しかし何らかの事由により、この利益がでず、配当が困難な場合、投資の方々への配当もできない場合も生じてくることがあります。 しかしその場合でも、その「投資対象会社」の欠損を「(株)海洋平和」の債権者の皆様が更に穴埋めする義務は負っていません。
  4. 「株式の譲渡制限」: 当会社の株式を譲渡するには、取締役会の承認を書面で受けなければなりません。 又株式に担保一切の権利を設定することはできません。
  5. 「株式の償還」: 基本的に元本(投資)の返還は保障いたしません。但し、法的理由ややむを得ないと取締役会が判断した場合は、 これを償還することが出来ます。償還の条件についてもその時点で決定いたします。なおその場合でも5年以内の償還はできません。
  6. 「配当金等に対する税金の責任」: 配当金や株式に関わる金銭の受け取りでこれが税法上の課税対象になっている場合は、 その受け取り本人の責任になります。
  7. 「投資募集目標の設定」: 当面の募集総額は4億円です。Acua-mundo S.A.の事業はその目標が当初の目標の期日まで達成 されなくても開始し、平行して続けて投資募集を行う形もとります。またその目標が達成された場合でも、 (株)海洋平和としては第二号プロジェクトへの投資、第三号プロジェクトへの投資に向けて継続的に目標を設定しながら投資 を募集していく予定です。
  8. 「(株)海洋平和独自の事業」: 投資会社「(株)海洋平和」は、又、独自の事業として投資対象会社を支援する為の事業や、 投資家の皆様のこれらの事業に対する理解と意識の向上に役立つ「セミナー」などの事業活動を行います。
    • 「投資家に対する恩典」 :(株)海洋平和に投資される方々には、次の様な恩典があります。
    • 関連するホテルやチャーターボートなどに対する料金の割引
    • 関連する会社のプロダクト(ボートや釣具等)を買う場合の割引
    • その他、投資額により様々な恩典を考慮中です。

関連記事

プロダクト・ラインナップ

  1. TE289 スペック(主要諸元) 全長 30´3&qu…
  2. ST161 このスキッフは小さな川や湾でのアットホームな楽しい釣りを提供します。他のヨットなど…
  3. TE288 卓越した経済性と秘めたパワー、同サイズのボートでは素晴らしく広いファイティング空間を持…
  4. ET180 近海や大きな河、湖などで、より経済的にしかも安心安全で安定した釣りを楽しめるように…
  5. TF242 Good Go TF242は、多くのフィッシャーマンがTE288の品質をより手軽に…
  6. TE2810 スペック(主要諸元) 全長 30´3&q…
logo2016
supportactivity

海洋真時代 vol.7 2017年春季号

海洋講演会・第2弾!

Lecture2

海洋講演会・第1弾!

yokohama1

TOPICS

ページ上部へ戻る